化粧品を見直す時のポイント

化粧品を見直す時のポイント

世の中には様々な化粧品に溢れています。

化粧水やクリームなどに分かれている物もあれば、オールインワンの物もあります。

たくさんの物に目移りしてしまうと思いますが、まずしなければならないことは、毎日のお肌のケアの仕方です。

基礎化粧品を見直しましょう。

特に、乾燥肌が気になり始めた人は要注意です。

今以上に老けこんでしまうのをストップさせるためにもきちんとケアをしてあげましょう。

乾燥肌の対策と、コラーゲンの対策をとることが必要です。

50代になっても私は脂性なので、乾燥肌にはなってない…または、普段化粧が崩れるほどに脂ぎっているので乾燥肌ではない…と思う人もいるででょう。

しかし、それは本当に乾燥肌ではないのでしょうか?

実は隠れ乾燥肌の人がこの状態になっている場合があるのです。

お肌がひりひりと痛むことがある人は隠れ乾燥肌の傾向が強いです。

今使っている化粧品は何歳のときから愛用されていますか?

きちんと自分のお肌と向きあい、基礎化粧品を見直してみる必要がありそうです。

みなさん知っていましたか?

50代のお肌は水分を保つ力がかなり少なくなっています。

20代の頃と比べると、約半分になっているのです。

びっくりですね。

お肌の水分をきちんと保ってくれる…そんな化粧品はセラミドという美容成分が配合されている化粧品になります。

保湿力の優れた成分は他にもたくさんありますが、セラミドは郡を抜いてその保湿力が高いです。

化粧品を選ぶ時にはこのセラミドという言葉に注意して選んでみましょう。

次に、美容成分の代表格としてよく聞くコラーゲンです。

コラーゲンが配合されているものは多くありますが、実は実際にお肌の上からコラーゲン配合の化粧水をしたところで、お肌の奥までコラーゲンが行きとどくというわけではないのです。

コラーゲンは、お肌のハリのためにはなくてはならない成分です。

このコラーゲンの力を強くするためには、ビタミンCが配合されている化粧品がいいのです。

コラーゲンの本来持っている力を後押ししてくれる働きを持っています。

お肌のハリが失われてきたな…と感じたら、ビタミンCが配合されているものを選びましょう。